2018年11月12日

UbuntuServer18.10 WEBサーバ(nginx)構築

Webサーバとしてnginxをインストールする。
Webサイトを公開するわけじゃない。
(のちのち)ローカルで動いていることに意味がある。

ちなみにnginxはエンジンエックスと読むそうですよ。


インストール


sudo apt install nginx



動作確認


ファイアウォールのポートを解放し、nginxを起動。
# ローカルネットワークからのみアクセスできるようファイアウォールを設定
sudo ufw allow from 192.168.XX.XX/24 to any  port 80
# nginx起動
sudo systemctl start nginx

ブラウザから『http://サーバのIPアドレス『』にアクセスし、『Welcome to nginx!』みたいなページが表示されたらOK。


設定


とりあえず動いていればいいんだが、ちょこっとだけ設定を変更してみる。
sudo vi /etc/nginx/nginx.conf
【nginx.conf】ファイル内
multi_accept on; # コメントイン 複数接続を同時処理
server_tokens off; # コメントイン エラーページにNginxの情報を出さないようにする

sudo vi /etc/nginx/sites-enabled/default
【default】ファイル内
server {
    server_name サーバ名; # 修正 サーバ名を設定
    location / {
        allow 127.0.0.1;        # 追記 サーバ自身からは許可
        allow 192.168.XX.XX/24; # 追記 ローカルアドレスからは許可
        deny all;               # 追記 上記以外すべて拒否
    }
}

あんまり変更するところないな。

終わったらnginxを再起動しておく。
sudo systemctl restart nginx.service



終わり


ウェブサーバを立てたのを次回以降に生かす、生かしたい。(サーバ監視とか)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184901061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック